占い師と電話占い師はどっちが儲かる?

お電話での応募受付時間 9:00 ~ 18:00
03-5628-3166
メールでの応募はこちら

占い師と電話占い師はどっちが儲かる?

占い師を目指す方からすると、やはり気になるのは「どのくらい稼げるのか」ということでしょう。しかし、一般企業のように求人情報に月給や年収がはっきりと提示されているわけではありませんから、どのくらい稼げるのか想像がつきませんよね。自分で開業する場合はもちろん、会社に所属する場合も、給料はどのようになっているのでしょうか?

特に転職をお考えの場合、占い師一本で生活できるか確信が持てないことには、あと一歩を踏み出すことができません。そこで今回は、外からはわからない「占い師の収入」について解き明かしていきます。

占い師の収入は不安定!

占い師の働き方ですが、「会社に所属する」「自分で開業する」のどちらかを選ぶことになります。

未経験者の場合は固定客がいませんから、ベースとなる収入は予想できません。また、対面型で始めるとしても、「どの駅に需要があるのか」「そもそも路地で営業していいのか」「料金設定はどうするのか」といった基本的なこともわからないでしょう。つまり、一からスタートする場合は、占いの館や占い会社に所属して、ノウハウを学びつつスキルを磨き、ファンを増やしたほうが良いということになります。

会社に所属していると、自分で広告や宣伝をしなくても、会社側がある程度の集客をしてくれます。大型商業施設やイベントなどへの派遣という仕事も用意してくれるので、いきなり街角で開業するよりも安定した収入が期待できるでしょう。また、個人の占い師よりも占い館や占い会社のほうが、安心感や信頼感があるという利用者も少なくありません。占いの館や会社の名前は、そういった部分を保証してくれるものでもあるのです。
ただし、会社に所属する場合は、利用者から受け取った鑑定料の一部を、席料という形で会社に支払わなくてはいけません。占いの館などの施設で働く場合、そもそも席の数に限りがありますので、人気が出ないと所属契約を打ち切られてしまう可能性もあります。口コミやリピーター獲得に対し、個人で開業する以上の強いプレッシャーを感じることもあるでしょう。

一方、個人で開業する場合は、何らかの媒体に広告を出して宣伝しなければ、そもそも気付いてもらうことができません。とはいえ、雑誌や新聞、インターネットでの広告は数万円~数十万円にもなります。決して出せない金額ではありませんが、すべてが期待どおりの効果を得られるとは限りません。また、1回あたりの広告費(掲載料)は安くても、長期間にわたって出稿するのはたいへんです。

会社への所属と独立開業、どちらにもメリット・デメリットがあります。経験が浅く技術や集客に自信がない方は会社に所属、ある程度の経験があってリピーターをつかんでいる方は開業したほうが(収入面においては)いいといえますが、どちらが向いているかは人それぞれです。たとえ未経験であっても、組織に属して働くことが苦手な場合、ほかの占い師や運営会社との関わりが増えることが、良い結果につながるとは思えません。一方、街角で占うことに向いていない占い師も存在します。

どちらの道を選んだとしても、お客様が来なければ収入は得られません。開業した場合はもちろん、組織に属したとしても、「占い師の給料は完全出来高制」のため、ほかの職業と比べるととても不安定なのです。

イメージ画像

電話占いで効率良く稼げる!

占い師の働き方は、占いの館やイベント会場、街角などの対面だけに限りません。電話で占いをする「電話占い」が多くの利用者を獲得し、巨大なサービスに成長しているのです。

対面式の場合、営業時間中ずっと相談者が来るという占い師はとても少ないのが現実です。例えば10~17時の7時間営業をしていたとして、このすべての時間に売上が発生するわけではありません。占いをしていない時間=お客様がいない時間は、収入がゼロということになります。しかし、お客様が来ないからという理由で店を空けるわけにはいきません。

一方、電話占いでは、事前予約を受ける形にすれば、予約の入っていない時間はほかの用事に回せます。また、フリーのお客様を受け付ける時間(待機時間)も、ほとんどの電話占い会社が「事前にシフトを提出する」形を採っていますので、自分の都合でスケジュールを組むことが可能です。なお、待機時間中も「すぐに電話を取れる状態」であれば、占いの勉強をしたり家事を済ませたりすることができます。占いの館などとは違い、比較的自由な働き方ができるため、電話占い師の中には、副業やダブルワークをしている人も少なくありません。

収入が不安定なことがはっきりしているため、占い一本で生計を立てることに不安を感じている人も多いでしょう。そこで、ほかの仕事で生活費などを確保しながら、時間的な融通が利きやすい電話占いで経験を積むという方法がおすすめなのです。

「電話占い師」と「対面式の占い師」の働き方の違いは?

では、具体的に対面式の占い師と電話占い師の働き方に、どのような違いがあるのか比べてみましょう。

お客様と対面する占い師の場合、サラリーマンや小売店の店員のように、開業時間に合わせてお店に出社し、閉店時間まで勤務することになります。その間、お昼の休憩などを除いて、自分の自由になる時間はありません(お客様がいらっしゃらない時間帯に占いの勉強をすることは可能です)。
一方、電話占い師は、相談者からの予約や入電に合わせて占いをすることになるため、決められた勤務時間は存在しません(事前に自己申告した待機時間中は、いつでも電話を取れる状態にしている必要はあります)。仕事場は自宅が主となりますので、家事などをしながら待機することができます。

なお、占い師はサービス業の一種ですから、相談者の時間に合わせて働くことになります。
対面式の占いは、施設がある街の特性にもよるので一概に「いつが忙しい」とはいえません。繁華街であればお店が開き始める時間から電車がなくなるまで、住宅が多い駅前などは会社が終わる時間からがかき入れ時でしょう。
一方、電話占いを利用する方は、学校や会社のない夕方~夜間、土曜・日曜日、祝日に多くなります(主婦の方は、配偶者やお子様が在宅していない時間帯が多い傾向があります)。つまり、生活が不規則になる可能性があります。
ちなみに、どちらの働き方を選んだ場合でも、ファンやリピーターをつかむとスケジュールが組みやすくなります。対面式であれば「何曜日の×時頃に○○さんが来る」「何曜日の△時頃は相談者が多い」「近くの学校が終わると学生が来る」といった予測が立てられますし、電話占いでも利用者に同様の傾向があるからです。

電話占いの給与形態は?

対面式の占いを利用する方の立場で考えると、先に料金が示されていることはとても重要です。そのため、30分3,000円というような予め表示している料金を、占い師は受け取ることになります。占いの料金には上限も下限も存在しませんから、独立開業している占い師は自由に設定することが可能です。当然、そのすべてが収入となります。一方、会社に所属している場合は、料金の4~5割が占い師の取り分となるのが相場のようです。

電話占いの場合、多くの電話占い会社では占い師ごとに料金が異なります。とても人気のあるAさんは1分300円、中堅のBさんは1分200円、駆け出しのCさんは1分100円というような形式です。相談者は、電話をした時間分の料金を、運営会社に支払うことになります。そして、その何割かが占い師の報酬になるわけです(予め「分給いくら」と設定している会社もあります)。
なお、電話占い師の報酬(分給)ですが、初めのうち一定のところが多く、その後、利用者の「人気」や「口コミの評価」によって上がっていく場合がほとんどです(もちろん、実績がある占い師の場合はその限りではありません)。

対面する占いと違って時間は決まっていませんから、相談者の信頼を得られると相談が数時間に及ぶこともあります。その一方で、簡単なお悩みを短時間でクリアにしたい利用者も存在しますし、うまく相談を引き出せないまま、短い時間で電話を切られてしまうケースもあるでしょう。

ちなみに、電話占いで稼ぐためには「待機時間を減らす」ことが大切です。数をこなすことも必要ですが、1件1件、丁寧に応対することを心掛けることでファンを作ることができるでしょう。利用者は口コミもチェックしていますので、口コミに良いことを書いてもらえるように心掛けることも重要です。運営する会社と利用者の信頼を勝ち得た人気電話占い師は、待機時間中、常に何人も待っている状態になります。

なお、ピュアリの場合は、最速、半月で分給のベースアップが可能です。さらに、雑誌やテレビなどに露出した場合の報酬は都度相談となりますので、電話占いの報酬以外にも収入を得ることができます。電話占い師として登録する会社を探している方は、目先の分給ではなく、査定の早さやそれ以外の待遇についてもチェックするといいでしょう。

電話占い師に転職する場合の注意点

対面占い師が電話占いを始める場合、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。特に注意したいポイントをまとめました。

・ノルマやペナルティがないかをチェックする

電話占い会社によっては待機時間や診断時間、回数にノルマが設定されており、ノルマ未達成の場合に何らかのペナルティを課している場合があります。無理のない条件となっているか、契約前にチェックするようにしましょう。ピュアリは、占い師へのペナルティは何も設定していません。

・評価項目をチェックする

ベースアップのための評価項目が何かをチェックしておきましょう。あまり待機時間を長くしたくないという方もいらっしゃいますが、「待機中の占い師に優先的に電話を回す」などのサポート体制が充実している会社もあります。さらに、待機時間に対して保障金を設けている場合もありますので、しっかりと稼ぎたい人は要チェックです。ちなみに、ピュアリでは月の「待機時間」と「診断時間」がおもな評価対象となっています。

・掛け持ちが可能かどうかチェックする

電話占いで期待どおりの収入を得られるかわかりませんので、対面と電話占いの掛け持ちが可能かどうかをチェックしておくと安心です。最初は対面の営業時間外のみに電話占いを行い、電話占いで稼げることがわかってから待機時間を長くしていくというような形がおすすめです。ピュアリでは、対面式の占いとの掛け持ちはもちろん、占いとは関係のないお仕事(いわゆるダブルワーク・副業)をしている方も多くいらっしゃいます。

電話占いで収入アップを目指しましょう

占いの種類は細分化され、インターネットを活用できるようになるなど、占い師が活躍できる場所は以前よりずっと増えています。その一方で、テレビや雑誌に引っ張りだこの一部人気占い師を除く、ほとんどの占い師は「占いだけで暮らしていくのは難しい」のが実情です。
現在の(占いでの)収入に不安な方、将来は占い師として独り立ちしたい方、占いの技術を活かして副収入を得たい方は、自宅で空いた時間を利用して稼げる電話占い師という職業を、一度検討してみてはいかがでしょうか。ピュアリでは新たな占い師からのご応募を、業界最高水準の待遇を用意してお待ちしております。

メールでの応募はこちら

ピュアリ本サイトはこちら

占い師大募集

お電話での応募受付時間AM9:00~PM8:00

メディア開発

電話占いピュアリは数多くのメディアに出演しております。

各メディア

ご利用にあたりご不明な点が御座いましたら、お気軽にサポートセンターにお問い合わせください。

詳しくはコチラ
ページトップへ